刊行物 | アニメーション総合文化研究所 - Animation Culture Research Institute

刊行物

読むアニメーション 01

特集
考える山村浩二
発行
2009年11月7日
価格
500円
収録内容

2008年8月、広島で山村浩二の有志団体Animationsのイベントが行われた。そこで山村は「デジタル技術の台頭により、アニメーションの断絶を感じる」という旨の発言をした。その翌月、『Web Designing』誌の連載においても同様の危機感をあらわにした。

そこで、発言の真意についてうかがうと同時に、2009年時点での「山村浩二のアニメーションに対する想いを記録したい」という当研究所の要望からインタビューをすることになった。

アニメーションの断絶、「映画」と「映像」の違い、デジタル制作に移行してからのアニメーション環境の変化、音へのこだわり、「時間」をテーマにした次回作について、山村浩二のアニメーションへの想いはいかに。

もくじ
  • アニメーションへの想い
  • 山村浩二が選ぶ映画60本
  • 『プレイタイム』は映像制作に興味がある人は必見!
  • 山村浩二が選ぶ音楽20枚
  • 山村浩二が選ぶ書物20冊
  • 考えない若者
  • nu vol.4,2(虹釜太郎ロングインタビュー)
再販について
こちらの号は、アニメーション総合文化研究所から再版(および増補改訂版)を発行する予定はありません。当研究所と相談いただければ、再版する権利をお譲りいたします。再版に興味を持たれましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください
取扱店一覧
ページトップへ戻る